• ホーム
  • 低用量ピルの第一世代ピルについて

低用量ピルの第一世代ピルについて

ピルは含まれている黄体ホルモン成分の種類によって、第1から第3に分類されています。
1960年代にノルエチステロンが開発されてから、経口避妊薬の目的として使われるようになり、これが第一世代ピルです。
第一世代のピルは黄体ホルモン剤の作用が弱いので、エストロゲンの助けを多く借りています。
エストロゲンが多くなると、血栓症などのリスクが高まる可能性や、肝障害などの副作用があり、WHOでは卵胞ホルモンの量を50μg未満にするように促しました。
その後卵胞ホルモン剤の量を50μg未満に抑える低用量ピルが開発されました。
卵胞ホルモン剤の量を50μg未満に抑える低用量ピルを作るには方法が2つあります。
1つは卵胞ホルモン剤の量を50μg以下にし、その代わりに黄体ホルモンの量を増やす方法です。
こうしてできたものが第一世代の低用量ピルです。
別の方法は新たな黄体ホルモン剤の開発で、卵胞ホルモン剤の量を50μg未満にし、黄体ホルモンの量を増やさないよう新製剤を開発し、開発されたのがレボノルゲストレルという次世代の黄体ホルモン剤です。
しかしこの黄体ホルモン剤には弱点があり、男性化症状であるアンドロゲン作用があります。
この問題をクリアするため、二相性ピルや三相性ピルにし、黄体ホルモンの量を段階的に変化させるのです。
第一世代ピルの場合、どうしても黄体ホルモンの量が多めになりますが、男性化症状のアンドロゲン作用が少ないことにより、マイルドなピルとして人気があり、ピル発祥の国であるアメリカでは第一世代ピルが主流になっています。
販売されている低用量ピルで第一世代ではシンフェーズやノリニール、オーソMやオーソ777などがあり、毎日決まった時間に服用することによって、高い避妊効果が得られるというメリットがあり人気です。
いくつか副作用が確認されていますが、子宮内膜の発育を抑制したり、月経の量が減るとも言われています。

第一世代ピルで一番有名なピル名やメリット

現在日本で認可されている低用量ピルにはいくつかあり、第一世代のピルで有名なのはオーソMやオーソ777、シンフェーズやルナベルなどのピル名です。
特にオーソMは有名で、避妊効果はもちろん、月経の量を減らすことができます。
このオーソMを使用すると、子宮内膜症の人や子宮筋腫の人、月経痛の強い人でも月経痛を緩和することができ、月経困難症で悩んでいる人はおすすめです。
子宮内膜症の人の月経痛はもとより、病巣も縮小したりと、治療などを目的にした効果もあります。
第一世代のピルには黄体ホルモン剤のノルエステロン系を使用しており、子宮内膜の発育を抑える作用があり、月経の量が減ると言われています。
気持ちを安定させる効果もあり、PMS緩和にも効果が期待できるとされています。
オーソMは一相性で、オーソ777は三相性で両方とも成分は同じですが、黄体ホルモンの量に違いがあります。
オーソ777はニキビができにくかったり、むくみが少ないと言われています。
シンフェーズは三相性で、後半5日間は黄体ホルモン量が減少するという特徴です。
ルナベルは成分がオーソと同じ一相性で、月経困難症などの治療薬として使われており、健康保険が適用されます。
第一世代の特徴やメリットとして、ノルエチステロンは黄体ホルモンの作用が弱く、錠剤への含有量が多くなっていて、ノルエチステロンはさほど強くはないが、アンドロゲン作用やエストロゲン作用も保持しています。
排卵を抑制することによって、卵巣や子宮を休ませたり、月経痛や子宮内膜症などを改善するために使われます。
第一世代のピルは黄体ホルモンが多いですが、卵胞ホルモンは少ないためアンドロゲン、つまり男性ホルモンを活発にする働きを減少することが可能です。
第一世代のピルは子宮内膜を抑制する働きがあり月経量が減少したり、精神を安定させる効果もあるので、PMS緩和が期待できるでしょう。
服用方法は水やぬるま湯で飲み、毎日決まった時間帯に飲みます。