• ホーム
  • アフターピルは性行為後すぐに服用するのが理想

アフターピルは性行為後すぐに服用するのが理想

アフターピルは性行為後に服用するタイプの避妊薬です。
避妊薬といえば、毎日のように錠剤を服用するタイプを想像する人もいるでしょうが、アフターピルの場合は例外です。
性行為の後、できるだけ早い段階で錠剤を1回、もしくは2回服用していきます。
たったこれだけで望まぬ妊娠を避けることが出来ます。
もちろん、アフターピルを飲んだからといって必ずしも妊娠を避けることができるというわけではありません。
ただ、性行為後にすぐ服用することができればそれだけ高い避妊率を実現することが出来ます。
基本的に、アフターピルの服用は性行為後72時間以内にするのがベストだといわれています。
また、アフターピルは性行為後からの時間が経過していなければいないほど効果が高くなっていくのが特徴です。
もしも避妊を失敗してしまったり、あるいは望まぬ性行為があった場合などには、早め早めにこうしたアフターピルを服用していくようにしましょう。
日本の場合、こうしたアフターピルは病院で処方されているものを購入するしか入手方法はありません。
一般的なドラッグストアなどには市販されていないため、性行為後すぐに飲むことが出来ません。
少なくとも病院を受診して処方を受けるまで時間を有してしまうわけです。
もちろん、72時間以内の服用であれば避妊効果はあるとされていますが、行動は早いに越したことはありません。
アフターピルが必要になったときになって初めて病院に行くというのであれば、その時間内の服用に無理が出てしまうこともあります。
そこでおすすめしていきたいのが、アフターピルを常備しておく方法です。
アフターピルが購入できるのは先に挙げたように病院を受診したときだけです。
ただ、中には例外もあり、海外で作られたアフターピルに関しては通販サイトなどで手軽に購入することが出来ます。
海外製の薬と効いて不安に感じる人もいるでしょうが、内容成分は日本で使われているものとほぼ同じ、効果も同じです。

通販でアフターピルを常備しておく

通販サイトでアフターピルを購入する方法であれば、もしもの時のために薬を常備することができます。
アフターピルを常備することに抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、こうした薬は常備しておくに越したことはありません。
もちろん、避妊は失敗しないに越したことはありませんし、もしもの時が起こらないのが一番ではあります。
ただ、だからといってその時になってみて初めて慌てることになれば、女性にとってデメリットとなります。
アフターピルによって避妊が成功すれば、その時点で生理が訪れることになります。
時に、アフターピルの服用後数日で生理が訪れることもありますが、これが排卵前であれば多少日数は前後することになります。
とはいえ、生理が来ればアフターピルの効果があったのだと判断することができるので、この点はしっかり押さえておくといいでしょう。
アフターピルを通販サイトで購入する場合、まずは信用できるサイトを探すのが大切になってきます。
というのも、通販サイトによってはアフターピルの偽物が商品に紛れ込んでいるところもあります。
すべての通販サイトがそうというわけではないものの、しっかりと避妊効果を得ていくためにはその見極めが欠かせません。
売り上げが多く、評判のいい通販サイトであればその分信用して購入することができるので、アフターピルを探す際には参考にしていくといいでしょう。
本来、アフターピルは避妊に失敗したからと言って連続して服用するような薬ではありません。
避妊効果が高い分副作用も多少ありますし、それだけ体への負担が大きいため、ただ闇雲に使用していくのは危険です。
あくまで避妊のための最終手段として用いていくことが大切になってきます。