• ホーム
  • アフターピルの服用方法2つを紹介

アフターピルの服用方法2つを紹介

性行為があった後にでも避妊効果を得ることが出来るアフターピル、実は大きく分けて二つの服用方法があります。
まず一つ目が、2回にわけて服用するタイプのアフターピルです。
まず性行為があってから72時間以内に2錠分を服用します。
その後、12時間たったころにもう一度2錠を服用することで初めて避妊効果を得ることが出来ます。
2回目の服用が夜中になってしまう場合、目覚ましをかけて一旦起きてから服用するようにしましょう。
この12時間のタイミングを逃してしまうと避妊効果が得られないこともあるため注意が必要になってきます。
二つ目の方法が、この服用回数を1回にしたものです。
性行為があってからできるだけ早めに2錠を服用することで高い避妊効果を得ることができます。
飲み忘れを防止することが出来るという点では、こちらの方法の方がおすすめになってきます。
もちろん、どちらのアフターピルを選ぶかは医師や自身の判断によってことなってきますが、どちらの場合でも性行為があってからの時間が短ければ短いほど高い避妊効果を実現できます。
そもそも、アフターピルは性行為があってから72時間以内に服用することが原則とされていますが、時にそれ以上の時間が経っていても避妊効果が得られるものもあります。
薬のタイプによってその時間は異なってくるため、この点は服用前にしっかりチェックしておきましょう。
アフターピルを服用してから、生理が訪れればその時点で避妊は成功していると判断できます。
アフターピルの避妊成功率は平均で80パーセントとされており、その高い効果から多くの女性の支持を受けています。
ただ、その分、アフターピルを服用すると女性ホルモンのバランスが極端に変わってしまうため体への負担が大きくなってしまいます。
アフターピルは常用するものではなく、あくまで避妊の最終手段の一つとして捉えておくことが大切です。
何の計画もなしに服用するような薬ではない事だけは知識として押さえておきましょう。

アフターピル服用による出血の、次の生理日

先にも挙げたように、アフターピルを服用してから数日後に出血、つまり生理が始まれば避妊は成功しています。
生理の周期によって多少の違いはあるものの、アフターピルの服用が排卵日前であれば排卵自体をアフターピルの効果によって防ぐことができます。
女性ホルモンの影響で子宮内膜が剥がれ落ち、この段階で出血が起きます。
排卵後にアフターピルを服用した場合、子宮が着床しやすくなるタイミングをずらし妊娠を防ぐことが出来ます。
このケースでは、次の生理予定日付近に出血が起こることになります。
人によっては多少日数がかかることがありますが、それでも数週間程度で生理が起こることになります。
アフターピルを服用後、その避妊効果が得られた場合には生理が起こるわけですが、その次の生理に関しては何かしらの影響がでてくるのでしょうか。
アフターピルによって女性ホルモンのバランスが多少変化してくるので、生理周期にも違いがでてくることはあります。
何日くらいの違いがあるのか、人によってそれは異なってきますが、アフターピルの服用後は何日間か生理周期に乱れが起こるという点は押さえておくといいでしょう。
この生理周期の乱れは女性ホルモンのバランスが安定することによって改善していきます。
その期間にも人によって違いは出てきますが、永遠と周期が乱れてしまうということはないので安心してください。
もしあまりにも生理が遅れるようであれば、また生理周期が不規則になるようであれば、その時には婦人科や産婦人科など専門の医療機関を受診していくのがいいでしょう。
もしかするとアフターピルの服用をきっかけにホルモンバランスがうまく保てなくなっていることもあるかもしれません。